FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルミボンネットも修理可能です。

2010/07/04 20:42
暑い!暑い!蒸し暑い!!!ガレージの中は蒸し風呂状態 Y(>_<、)Y
エアコンが欲しい今日この頃・・・しかし、倉庫のようなガレージですので、何処にエアコン?
もう少し余裕が出来てきたら、店舗改装したい所です。

そんな蒸し暑い中、ご来店は、ニッサンスカイライン34GT-R!!!
昨日に引き続き、スポーツカーのご来店、感謝感謝です。

PAP_0025.jpg

白いボディがとってもマブシイ!(*^-^)b
ボンネットを開けてさらにマブシイ!!!綺麗にチューンナップされていました。
見るからに速そう!最高時速300キロは軽く超えるそうで・・・
(もちろんサーキット場での走行です)

昨日も話しましたが、私も昔エボⅢに乗っていましたので、本当に羨ましい!
車をイジル楽しみ!良くわかります!!!
そんなお客様の大切な愛車にエゲツないヘコミ!

PAP_0028_20100704202007.jpg

ヘコミの場所は、ボンネット!8センチのヘコミでガッツリとプレスラインもつぶれていました。
イタズラによるヘコミだそうです。

34GT-Rのボンネットは、アルミです。
ヘコミの状況によっては、後が残ってしまう場合がありますが、アルミも基本的にデントリペアで修理可能です。

PAP_0026_20100704202007.jpg

修理する事3時間!汗だくになりながらも、キッチリ修理完了です。

しかしここまで大きいと少々値段は掛かりますが、鈑金塗装よりは断然お徳!
鈑金塗装でアルミボンネット交換よりは、デントリペアでの修理をお勧めします。

もちろんデントリペアは、万能ではないので、傷が酷かったり、ヘコミが深かったり大きすぎる場合は、鈑金塗装をお勧めいたします。

そのヘコミの状況に合った、最適なアドバイスをさせていただいてます。

傷があったり、ヘコミが大きくても、まずはお近くのデント屋さんで相談してみてください。
必ず、最適なアドバイスをいただけますよ!!!
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。